保育士試験の社会福祉はなぜ受からない?対策やおすすめの勉強法を紹介

保育士試験の社会福祉はなかなか受からないよと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

はなママ
はなママ

私もその1人で、R3年前期試験で何とか8科目合格できたものの社会福祉だけ落としてしまいました。

社会福祉を受けた後、全く手応えを感じず意気消沈して新幹線に乗り込んだのを思い出します。

保育士試験の社会福祉はなぜこんなに受かりにくいのでしょうか?

目次

保育士試験の社会福祉の対策

保育士試験前期試験で社会福祉を落とし意気消沈した私が、すぐに社会福祉の学習に取り組んだかというと実は違います。

後期試験直前になって焦り出したのは他でもないこの私です。(勉強しろーーー!)

でも何となく分かっていました。

社会福祉って闇雲に勉強してもだめ…。

もちろん隈なく勉強できたらその方がいいです。しかし保育士試験を受けられる方ってお時間のない方も多いと思うのです。

家事の合間、仕事の合間、学業の合間などに勉強されている方も多いと思います。

実は私も隙間時間に保育士試験ともう一つ違うことにもチャレンジしている最中でした。

だからもう社会福祉の勉強にそんなに時間を割けないぞと思ってとにかくリサーチしました。

そこで分かったのが次のことです。

・丸暗記をしようと思わないこと。

・とにかく問題数をこなすこと。

・広く浅くを心掛けること。

・試験では解いたことのない問題が出てくるのは当たり前と思っておくこと。

保育士試験の社会福祉はなぜ受からない?

というのも、社会福祉は範囲がとっても広いので闇雲に勉強しても当たらないです。

R3の後期なんて「犬」についての問題に出てきて、SNSでも話題になりました。

私もなんで犬が出てきたんだろう…犬?犬?!と帰りの新幹線でまた落ちた、やってしまった〜と意気消沈して帰りました。(2度目)

もちろん社会福祉を網羅されている方は問題の意図を汲み取って正解を導き出せるのだと思います。

しかし問題集を1冊解いたところで対応できないんですもん。(経験済み)

他の8科目は問題集を1冊解いてみたら、あぁあの問題が出た!ということが何度もあり問題集を解くだけでほぼ対応できました。

でも社会福祉は問題集1冊解いても試験では解いたこともないような問題が出てきます。

はなママ
はなママ

それで焦っちゃう方って結構いると思います。私もそうでした。

社会福祉は範囲が本当に広いので、しつこいようですが闇雲に勉強するのはおすすめしません。

私のように時間がないのなら尚更です。

ではどうしたら丸暗記せず浅く広く問題数もこなせるようになるのでしょうか?

保育士試験の社会福祉おすすめ勉強法

私は問題集とeラーニングの併用をおすすめします。

なぜeラーニングをおすすめするかと言うと、とにかくサクサクどこでもスマホ一つで問題数がこなせるからです。

しかもeラーニングは自分が間違えた箇所だけまた解けるようになっていることも多いです。

それって本当に便利で、どの部分をもう一度解けばいいんだろう?とページをめくって探す手間も省けるんです。

もうパッと画面をみただけで、どのくらい正解しているのかパーセンテージで出てくるものもあります。

自分の問題達成率がいつどこでも分かることで、自分があとどのくらい勉強すればいいのかも分かるので時短勉強にも繋がります。

とにかく何でもいいから問題数をこなせばいいのです。

そしてeラーニングをやってみて思ったのは、書店で買った問題集と同じ問題も結構出るじゃない!ということです。でもそれでもいいのです。

確実に解ける問題をとにかく増やすことが大切です。

私が保育士試験受験の前から登録していたeラーニングは社会福祉だけ購入することができ月額1000円以内のものでお手頃でした。

上記を意識して学習した結果、私は何とかR3年後期の社会福祉に何とか合格することができまいた。

決して高い点ではなかったです!65点なので結構ギリギリです…。

でも私の場合はダラダラ勉強しても身に付いた試しがありません。

過去にそうして勉強して後悔したこともあります。

だから短期集中型で浅く広く、問題数をとにかくこなせるツールを探す!

はなママ
はなママ

それを意識して今回何とか合格することができました。

ちなみに問題集と同じ種類の参考書上下巻も買いましたが、私は問題集から解きました。

もうね、これは他の科目にも言えることですが問題集は必ず3回通りくらい解いたほうがいいです。

時間がない方なら尚更です。

私が購入した問題集は400ページくらいあったので、3回解くつもりて保育士試験日から逆算し1日25ページくらい解いていたと思います。

保育士試験の社会福祉の勉強法/過去の失敗から

実は私は昔、有名な某通信教育で保育士試験の勉強をしたことがあります。

その時はなぜか自信がなくて、こんな勉強しただけで保育士って名乗っていいんだろうか?と思っていたのですね。

今思うといいに決まってるよーーー!だってこんなに大変な試験なんだもんと言ってやりたいくらい自信なさげなのですが、当時は本気でそう思っていました。

私にとって保育士や幼稚園の先生は私の憧れの職業No.1です。

だから憧れすぎて恐れ多くて、紙面上で勉強しただけで保育士を名乗っていいのだろうか?と思ってしまった訳です。

その時も児童指導員として子どもと関わる仕事をしながら合間で勉強をしていて、最後まで社会福祉に苦戦していました。

そして何とか実技まで行き、なんと言語で1、2点足りず落ちるという何とも残念な結果に終わりました。

あの時は保育士試験がまだ年1回の開催で、どうしても外せない業務が例年保育士の試験日となる日に入るようになってしまって、これ以上は受けるのは難しいと断念しました。

それでどうしてこんな話をしたかと言うと、某通信教育と書店で買える問題集ならどっちが保育士試験、ないしは社会福祉の勉強にいいの?という比較が私にはできるからです。

結論から言うと、試験に受かりたいのなら問題集を数多く解くのが必須で、時短で受かりたかったら私は書店で買える問題集をおすめします。

保育士になるのは恐れ多いと思っていた私は当時、社会福祉を網羅しようとしてしまいました。

それは時間のない中ではとても難しかったです。

社会福祉を網羅する勉強ができるのであればそれが一番だと思いますが、まず保育士試験に合格しないと保育士を名乗れません。

私はあれから10年してやっと保育士を名乗れます。

いくら1、2点の差でも不合格は不合格なのです。だからぜひここを読んでくださったみなさんには保育士試験に合格していただきたいと願っています。

ちなみに私は大学の心理学科、特に発達心理学のゼミに入っていたので保育の心理学などは少し覚えていることもありました。

ですが残念なことに社会福祉はほぼ覚えていなかったですし、何より法改正など新しい情報が盛り込まれているのが社会福祉でもあると思います。

だから社会福祉は常に知識の更新が必要になってくる科目でもあると思います。

はなママ
はなママ

社会福祉の問題集はぜひ最新のものをお買い求めくださいね!

保育士試験の社会福祉は受からない?のまとめ

保育士試験の社会福祉はとても受かりにくいと言われています。

私のように社会福祉だけを再受験する方が多いです。

過去に通信教育で保育士試験の勉強をした経験から、今回社会福祉だけの再受験になった私は時短で社会福祉合格を目指しました。

とにかく丸暗記しない、問題数をこなす、浅く広くを心掛ける、試験で解いたことがない問題が出てくるのは当たり前(その時は潔く次の問題へ!)と思って社会福祉に挑まれるのをおすすめします。

はなママ
はなママ

みなさんの合格を祈っています!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる